PROFILE

2010年夏、トランペット山崎千裕を中心に、ドラム山下智、ベース山本浩二、キーボード高見英で結成。
「インストポップ」をテーマに、ジャズ、フュージョン、クラシック、ロックなど、多種多様なジャンルをミックスした印象に残る「歌えるインストュルメンタルサウンド」は唯一無二。
結成から半年で、単独ロサンゼルスツアーを敢行。各所で大盛況となり、海外での手応えを得る。
国内では札幌パークジャズライブコンテストのファイナリストにも選出され、すみだ・ストリートジャズフェスティバル、八ヶ岳ジャズフェスティバルなどの大規模フェスにも参加。 2011年11月には、彼らの得意とするクラシックの中でも、最もポピュラーであるチャイコフスキー「くるみ割り人形」を、バンドアレンジしたカバーアルバム「花のワルツ」を全国発売。11月1日のレコ発イベントでは、東京都足立区のバックアップを受け、天空劇場では約400人の観客を熱狂させた。
そして、2012年2月、渋谷JZbratにて初のライブDVD発売記念ワンマンライブを大成功に収め、同年7月の札幌パークジャズライブコンテストでは日本全国の応募総数250組以上の中から、見事グランプリを獲得し、同年11月ニニ・ロッソの夜空のトランペットのカバーを中心とした、初のオリジナルフルアルバム「夜空のトランペット」を発売。
さらに、2013年3月にテキサス州オースティンで行われるSXSW2013への出演が決まり、それに伴う、全米8都市9公演(テキサス、シカゴ、コロンバス、ニューヨーク、トロント、ラスベガス、ロサンゼルス、サンフランシスコ)のツアーを決行。
そのツアーに持参した持てる限りのCDを全てツアー途中に売り切り、ソールドアウトに。
その抜群のパフォーマンスに各メディアの取材依頼が殺到、多くのオーディエンスに拍手喝采を浴びる。
2013年6月にはカナダトロントで行われたトロントジャズジャズフェスティバルへの出演し各地で大盛況となった。
国内に留まらず、世界での活躍が期待されている、今、最も注目を集めるバンドの内のひとつである。

  • 山崎千裕+ROUTE14band
  • 山崎千裕+ROUTE14band
  • 山崎千裕+ROUTE14band
  • 山崎千裕+ROUTE14band
  • 山崎千裕+ROUTE14band

©g&h Inc. All Rights Reserved. Made in Tokyo.