SENNHEISER Presents getstage music award が開催!招待客300人以上が熱狂!!

By in イベントレポート on 2014/12/15

gma2014_top

2014年、getstageで活躍するアーティストやインターネット時代のトップアーティストが集結したライブ・イベント、「SENNHEISER Presents getstage music award 2014」が渋谷タワーレコードで開催、大盛況で幕を閉じたぜ!まだまだ興奮冷めやらぬって感じだけどライブレポートを読んで、来れなかった人はその熱狂を、来れた人ももう一度あの会場の雰囲気を感じとってくれ!!

 

12月9日、火曜日というのに開演前の19時には多くのお客さんが例を作ってまっててくれた。この日の出演者はgetstageのトップアーティスト限定で開催されたオンラインコンテストで投票と厳しい審査を勝ち抜いてきた「詩愛(Shion)」「池澤寛行」「マダラ」の3組に加え、ゲストパフォーマーのヒューマンビートボックスの日本チャンピオン「TATSUYA」、そして先日開催された日本で初めて開催された「YouTube Fanfest」にも出演した、エンターテイメントパフォーマンス集団「TEAM BLACK STARZ」だ。

 

イベントのMCは、もう言わなくてもわかるよな?もちろん「MASAHARU」。

いつものように会場といったいとなるような進行で終始イベントをリードしてくれた。

 

マサハル

 

最初のライブパフォーマンスはシンガソングライターの「詩愛(Shion)」。オンライン投票では5,000票以上を獲得して1位、見事「最多投票賞」を受賞したアーティストだ。最多投票のアーティストということもあり、彼女目当てでイベントに参加したというファンの方も多くいただろう。ゆっくりとしたテンポでスタートし、その繊細な声に初めて詩愛の歌声を聴いた人は驚いたことだろう。ストリートライブで磨いたそのパフォーマンスは「さすが。」の一言に尽きる。

 

詩愛

次のパフォーマンスはシンガソングライターの「池澤寛行」。審査員審査によって見事「特別賞」を受賞したアーティストだ。今回はサポートメンバーを引き連れてのライブ。その独特の世界観に見る人を一気に惹きつけた。気持ちの強い歌声、そして歌詞、個人的にはその楽曲のクオリティーの高さにとても驚いた。きっとオーディエンスの皆も同じような感想をもったのではないだろうか。なによりも彼の放つオーラのような、なんとも言葉では説明が難しいその雰囲気が多くのひとを魅了したに違いない。

 

Hiroyuki-ikezawa

 

そして、「SENNHEISER Presents getstage music award 2014」のグランプリに輝いた「マダラ」の登場! 先日開催されたNo.1学生バンドを決める「Next Age Music Award」でも優勝し、超満員の両国国技館でライブをした実力を持つアーティストだ。彼が歌い、音楽を奏でればもう説明はいらない。「あーこのバンドはヤバいは。」そう思わざるをえない魅力を持つ。一度そのライブを見てしまえば、彼がまだ19歳や20歳の学生だという事実は忘れてしまう。音楽にキャリアや年齢なんて本当に関係ないんだ!って改めて実感させてくれるアーティストだ。会場にいたレコーダー会社の方達は僕らよりも更に驚いていたであろう。

 

madara

 

見事グランプリに輝いたマダラにはグランプリの称号であるトロフィーとイベントスポンサーの

「ゼンハイザー・ジャパン」よりヘッドフォンが贈呈された。みんな楽しそうでなによりだ!!

 

madara02

 

そして30分間のDJタイムのスタート、ライブハウスでありながらフロアをROCKしてくれたのは2013年に開催された映画「ワイルド・スピード ユーロ・ミッション」のDJコンテストにてグランプリに輝いたDJ BAO。Hip-HopやEDMはもちろん、誰もが一度は聴いたことのあるPopな曲まで織り交ぜ会場を盛り上げてくれた!

 

bao

 

忘れちゃいけないのが、今回スポンサーとしてイベント、何よりもいつもアーティストにチャンスを提供してくれる「SENNHEISER(ゼンハイザー)」の存在だ!アーティストなら誰もが知っているブランドで、もちろん今回パフォーマンスをしてくれたすべてのアーティストのマイクもゼンハイザーが準備をしてくれた。日本はもちろん、世界のトップアーティストはみんなゼンハイザーのマイク使ってるんだぜ!!それだけヤバいブランドがgetstageのアーティストのみんなを応援してくれているんだから、それ自体ヤバいことだよな!!今回は出演アーティストにも贈呈したヘッドフォンを会場に展示して、お客さんもみんな「欲しい〜」って言ってたよ!けどさ、みんな欲しいって言うけどよ、俺のほうが欲しいわ!!

 

sennheiser

 

そんなこんなで大盛り上がりのなか、残るはゲストパフォーマンスを残すのみとなった。時間が過ぎるのは本当にあっという間だよな。ゲストパフォーマンスの一発目はヒューマンビートボックスの「TATSUYA」!ビートボックスを見るのが初めての人が大半だったみたいだけど、会場のリアクションが本当にすごかったよ!最初は「え?本当に?これ楽器使ってないの?」みたいな感じで。日本トップのヒューマンビートボクサー、パフォーマンスを見るとか聴くとかじゃなくて、「感じる」って言ったほうが近いかもな。それは絶対にライブで見ないとわからない世界だと思う。みんな「TATSUYA」のTwitterをチェックしてライブ行って見てくれよ!

 

tatsuya

そしてTATSUYAのパフォーマンスの余韻が冷めやらぬなか、イベントの最後を締めくくってくれたのは、ダンサーを中心に構成されたエンタメ集団「TEAM BLACK STARZ」。YouTubeの総再生回数は600万回以上!やばいよな!600万回だぜ!しかも普段はみんなサラリーマンやってるって言うから驚きだよな!俺は信じてないけどな!だってパフォーマンスがやばするんだもん。こればっかりは写真や言葉じゃ伝えられないわ。YouTubeチェックしてくれよ。見れば俺と同じこと思うよ。「絶対リーマンじゃねー!」って。

 

tbs

 

こんな感じでgetstageの年に1度の祭典、「getstage music award」が幕を閉じたんだけど、どうかな?

なんとなく雰囲気感じとってくれたかな?

 

こうしてイベントを開催できるのも登録してくれるアーティスト、アーティストをサポートしてくれるスポンサーやファンのみんなのおかげなんだよ!本当にありがとう!みんなのおかげでgetstageも4年目に突入することができたよ!来年はもっと、もっとパワーアップしてこのイベントやるからな!楽しみに待っていてくれよ!打倒、MTV VIDEO MUSIC AWARD!!

 

other

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)