Artists Interview – getstage CHALLENGE 2015 Vol.1 Winner-

By in PICK UP ARTIST on 2015/05/11

279be76acf5d27a470db21806881958c
getstage Music Award へのシード権獲得チャンスとしてはじまった、getstageオリジナル企画”getstage CHALLENGE 2015″の第一回コンテストが2015年2月〜3月に開催された。
総勢69組がエントリーしたなかから、見事グランプリに輝いたアーティストへのスペシャルインタビューを実施!!
音楽の世界観からWebの活用法、今後の活動まで幅広く聞かせてくれたアーティスト”Sugar Addiction”を紹介!
アーティストにもファンにも嬉しい内容になっているので是非チェックしてくれ!

1424595466

gs:はじめまして、本日はよろしくお願いします!最初に簡単に自己紹介をお願いします。

Daiki(以下D):キーボードのDaikiです。
Kohei(以下K):ドラムのKoheiです。宜しくお願いします!
D:僕らはドラムとキーボードのインストゥルメンタル・デュオ「Sugar Addiction」として静岡県を拠点に活動しています。
K:自分達としては「ジャンル」という概念にあまり深く囚われないように、フリーなスタイルで演奏しています。

gs:バンド名の”Sugar Addiction”とはどう言った意味や経緯から付いたのですか?

D:バンド名の由来は…偶然なんですけど、2人とも名字が「佐藤」だったので「さとう」→「Sugar」。あ!丁度いいなと思ってつけました。兄弟ユニットとかではないです。
K:…いや、全然違う!(笑)2人とも甘いものがすごく好きで、何となく響きが良いのでこれに決めました。(笑)
( ※2人の名字は「池田」と「石間」である!)

gs:普段は何処でどのような活動をしてらっしゃいますか?

D:週末に静岡市のライブハウスなどで演奏させて頂く事が多いですね。
K:静岡県内でゆるーく活動しています。
D:ライブ情報などは、バンドのFacebookページやTwitterにて随時更新していますので、是非いいね!&フォローを宜しくお願いします!
K:…さりげなく宣伝。(笑)
gs:後ほど宣伝用のインタビューいただきますので(笑)

D:楽曲制作に関しては、曲ごとにバラバラなんですけど、2人でセッションを何度も繰り返して練り上げたり、先に曲の雰囲気やイメージを出し合ってからそれに近付けていったり、僕が作ったデモ音源通りに強制的に叩かせたり…
K:その通り!!
gs:なんとなく力関係?チームワーク?がわかりました。。。

gs:よくある質問で恐縮ですが過去に影響を受けたアーティストなどはいらっしゃいますか??

K:LED ZEPPELIN、THE ROLLING STONES、THE WHO、THE LIBERTINES、THE VIEW…。僕はドラマーがぶっとんでいるバンドが好きですね。特にイギリスのドラマー達にはかなり影響を受けています!
D:僕はずっとクラシックをやってきたので、それとはまた違う角度からピアノを弾く事を目標にしています。上原ひろみさんやH ZETT Mさん、mouse on the keysの清田さんと新留さんが好きなので、フレーズやコードに関しても影響を受けている部分があります。

K:あと、曲のタイトルや世界観なんかはMIYAVIさんに通ずるものもあると思います。
D:いかに音数が少ない中で音楽として成立させるか、みたいな意識はありますね。また、バンドのコンセプトとして「静と動、西洋と東洋の乗法。」というものを掲げています。これは、ヘーゲルの言葉を用いるなら、彼の弁証法の中で提唱された止揚(アウフヘーベン)の概念に近いもので、命題(テーゼ)と…。

K:…ややこしくなってきた(笑)
D:つまり、「正反対なものの良い部分を取り入れていこうぜ!」というスタンスでやっているという事です!
僕は小さい頃からピアノを習っていて、Koheiは和太鼓を習っていたという事も大きいと思うんですが、相反する2つのものから生まれる化学反応を皆さんにお届け出来れば!という思いでやっております。

スクリーンショット 2015-05-11 16.57.45

gs:では、今回のインタビューのきっかけとなった「getstage CHALLENGE 2015 Vol.1」について、いろいろお話しおきかせください!優勝おめでとうございます!コンテストに出場した率直な感想をおきかせください。

K:ありがとうございます!まさか優勝できるとは思っていませんでしたが、毎日投票して下さった方々のおかげでグランプリを獲得することができました!
D:ご無沙汰していた方々にも連絡しまくりました(笑)。グランプリが決まった瞬間はすごく嬉しかったです。本当に皆さんのおかげです!…ただ、少しだけ毒を吐かせて頂くと、色々な方々がいらっしゃるなと改めて感じました。「応援してるよ!」と毎日律儀に投票して下さった人、返信はなくても投票して下さった人、既読スルーをして下さった人…(笑)様々な人間性が垣間見られて、色んな意味で面白かったです。いや!でも「久しぶり!投票お願いします!」みたいなほぼスパムみたいなメールはスルーされて当然ですよね!もし僕の元にこんなのが届いたとしたら、絶対スルーすると思います(笑)
K:フォローになってないよ!(笑)

gs:合計で611票を獲得されています!今回のコンテストに限らず、Webプロモーションする際に気を付けている事や上手くいった事、逆に失敗してしまった事など、他のアーティストにも少しでも参考になる事があれば是非教えて下さい。

D:やっぱりSNSでの拡散力は大きいですね。いいね!&フォロワー数が壊滅的に少ない僕らが言うのもなんですが…僕は主にFacebookで、相方はTwitterで、という様に分業しているのが良かったのかもしれません。この記事を読んで下さっている貴方!どうか、いいね!&フォローを宜しくお願いします!(笑)
K:僕らは特に意識とかはしてないんですけど、周りからはけっこう優等生的な存在として見られがちなので、そういった客観的な意見などはちゃんと受け止めて、イメージを壊さないように心掛けています。(笑)

D:そんなイメージあったんだ!てか、心掛けてたんだ!そして、それを自ら言っちゃうんだ!(笑)
K:いまここで初めて言った(笑)あとDaikiがYouTubeにライブ動画などを毎週アップしてくれています。僕のミスを上手く編集してくれているので助かっています。
D:どうも(笑)…あと、バンドメンバーの数が多い方が絶対有利かなとは思います!
K:たしかに(笑)

gs:インタビューも後半ですが、Sugar Addiction渾身の一曲を是非ご紹介ください。

D:なんだろう。Back to Backかな?
K:そうだね。お互いのソロもあるし、構成もシンプルで分かりやすいし。

D:「Kabuki」という曲を背中合わせで演奏している動画があります。普段は向き合って演奏しているので、何か革新的な事をやろうと思って挑戦しました。
K:試しにやってみたけど、映像として見てもかっこいいよね。

D:自分で言っちゃったよ!ところどころミスってますが、チャレンジ精神は評価して下さい。
K:あとは、今回の投票ページのリンクにも貼らせて頂いた「Sixth Sense」。この曲は、6拍子のパターンが基本なので、一生懸命数えながら僕は叩いています。

D:途中から何拍子か分からなくなってくるので、僕はあえて数えていません(笑)
でも、この投票ページのおかげで再生回数も伸びて良かったです。あ!さっき言い忘れましたが、YouTubeのチャンネル登録も宜しくお願いします!毎週日曜日の18時に新しい動画をアップしています!
K:宣伝するねー。
gs:まとめてブログの方にリンク貼っておきますね!(笑)

gs:最後に今後の目標や活動内容を教えて下さい。

K:「Sugar Addiction」という新たなジャンルの確立!
D:…でかい事言ったな!(笑)
K:ライブ告知をさせて頂くと、5月22日(金)に静岡県浜松市のキルヒヘア(静岡県浜松市中区田町229-13 B1F)というライブハウスで行われる「RINGOOO A GO-GO 2015」というオーディションライブイベントに出演させて頂きます。時間の詳細などは、まだ分からないんですが…。開演は夜ですので、お近くにお住まいの方はお仕事帰りに是非お立ち寄り下さい。初のオーディションライブなので、気合い入れていきます!」
D「ライブのチケットをお求めの方はFacebookページ、Twitterなどにお気軽にメッセージをお願いします!」

gs:本日は大変面白いインタビューありがとうございました!今後もアーティスト活動頑張って下さい!getstageとしても応援しています!

Sugar Addictionの情報はこちらから・・・
Sugar Addiction YouTubeチャンネル
Facebookページ | Twitter

getstage CHALLENGE 2015 Vol.1のWinner”Sugar Addiction”へのインタビューをお届けしました。
getstage CHALLENGE 2015 はVol.2も開催中!年末に開催を予定している、getstage Music Awardへのシード権や様々な協力企業の特典も!
2015年のgetstage Music Award は10月〜11月を予定しています。その中から、グランプリに輝いたアーティストには、昨年を大幅に上回る超ビックなステージを予定していますのでお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)