JADE_CDL覇者”D.I.CREW”優勝特典贈呈&KENZOワークショップ


スクリーンショット 2016-01-30 17.04.11
昨年2015年8月〜11月に開催された、JADE Presents COLLEGE DANCE LEAGUE -No,1 DANCE MOVIE CONTEST 2015-の大学ダンスサークルの覇者”D.I.CREW”に、優勝賞金と特典のワークショップ贈呈へ、今回のコンテスト審査員長でDA PUMPメンバー、JADEブランドパートナーを務める”KENZO”が大学へ訪問!!

優勝チーム、D.I.CREWは創価大学のメンバーで構成された創設27年目を迎える伝統的なダンス部だ。
広大な学校施設は東京ドーム8個分とのこと!さらに、今回ワークショップのために準備をしてくれた場所も、一面鏡、バレエのレッスンバーが備わっている最高の環境。広さも50名ほどが一同に踊っても余裕があるほど…。
PioneerDJから優勝特典として贈呈されていた、S-DJ50X 5inch ACTIVE REFERENCE SPEAKERSを使いこなし最高の音質で練習をしていた。

ワークショップ当日は、18:00から練習を開始していたD.I.CREWの練習場所に、主催者のJADE、運営のgetstageが先ずは訪問しコンテストの優勝を労った。そして、19:00前にスペシャルゲストのKENZOがテンションの上がる学生達の前に遂に登場!!
KENZOからも「みんなおめでと〜!優勝したんだから来るでしょ〜!でもちょっと遠かったな(笑)」とコメント。
KENZOの登場に狂喜する学生達、早速の優勝賞金30万円の贈呈式へ!
IMG_4930IMG_4935
使い道は?という質問に、
「大会のエントリー費や自主公演の費用、合宿などの部費として使います」という回答。
みんなでご飯へ直行ではなかったようだ(笑)

賞金の贈呈、JADEシューズのプレゼント(5足)、PioneerDJからスピーカー、KENZOのワークショップと様々な豪華特典を前に「優勝してこれだけのものがもらえちゃう大会って他にないですよね…凄い…」と恐縮する学生達。

贈呈式が終了しKENZOによるワークショップへ。

アイソレーションから体幹トレーニング、ダンスと脳の関係を説明した少し変わった練習や、基本を大切に行いつつ+@の動きをつけることで更にバリエーションを増やしていく事など、踊りだけなく、説明の1つ1つを真剣に聞く学生達。
IMG_4949
ワークショップの合間合間に見せるお手本ダンスに感動の連続!休憩中には特別、KENZOが渾身のソロダンスも披露してくれた!これには学生達もこの日一番の歓喜と盛り上がりを見せる。
IMG_4962
IMG_4967

ワークショップの最後には2パターンのコレオグラフを行い、予定だった60分間に+15分の特別プレゼントも!
IMG_4953
終始楽しい雰囲気とダンスを真剣に捉える学生達の熱気に満ちた大変充実した時間となった。

最後に学生達とKENZOの一問一答の対談インタビューを実施した。
IMG_4973

D.I.CREW:KENZOさんが舞台や本番前に必ずやっている事などはありますか?
KENZO:会場で不安な要素を全てなくすようにしている。大会に出る前やステージ出演前に必ずイメージをする。例えばステージで寝て天井をみたり、観客席からステージを眺めてみたり、楽屋からステージへイメージして歩いてみたりするね。人間って自分が経験した事無いことが不安になったり緊張する要素だから、必ずイメージトレーニングはするようにしている。練習も同じだよね、観客が3000人なのか1万人なのか、そしてその観客が総立ちするようなエナジーを発するようなダンスができているか、それをイメージして練習るす事も大切。

D.I.CREW:僕はブレイクダンスをやっているのですが、バトルやジャッジの時にどの辺りを重視して見ていますか?勝つダンサーはどのようなダンサーですか?
KENZO:まずは、凄いな!と自分の感覚で感じる人。1つ1つの動きの中に、カルチャー性、ミュージカリティ、音楽性、スキル、テクニック、オリジナリティ、自由な発想、雰囲気、フレイバー、そしてその場の空気感を持っていけるダンサーがいい。ブレイクダンスであれば、フロアーへ入る瞬間にも驚きやオリジナルティを感じることもあるし、難易度の高い技の完成度も見る、最後のフリーズ、そしてそこに持って行くまでの流れは見るよね。あとはストリートダンスで名前の付いた基本的な技や動きは誰もがやる動きだから、上手い下手はすぐにわかる、そういう動きも大切にして、練習しているのが伝わってくような上手いダンサーがいいかな。

D.I.CREW:KENZOさんがダンスを通してやりたい最終目標。ダンサーとしてこうなりたいなどの目標はありますか?
KENZO:次の自分を育てること!めちゃくめちゃダンスが大好きで、夢をもったダンサーを自分の起こしたアクションやきっかけで生み出せたら本望かな。もう一人の自分を生み出したいね。

D.I.CREW:これからの学生ダンスチームがどういう風にショーケースなどを魅せていけば面白いなと思いますか?
KENZO:サークルやグループは1つのものだから、今回のJADE_CDLのように新しいコンテストやきっかけに皆んなでフォーカスしてどんどんチャレンジし、常に前をみて新しい試みをしていくことが一番必要だと思う。このショーでまた違うコンテストやミュージカル系のものにチャレンジしてみてもいいと思う。
あとは、スポットライトを浴びる瞬間に輝ける何かを持っているかがとても重要だと思う。今回も積み上げてきたものがあったからこそJADE_CDLの優勝ができたはず。目的にフォーカスしてみんなで一緒に走ることが一番重要だよね。

D.I.CREW:KENZOさんにとてのダンスとは!?
KENZO:俺にとっては宝物みたいなもの!絶対だれにも奪われたくないし、周りにはこれが俺の宝物だよと見せていきたい。それがないと今の自分は存在しないし、それぐらい大切なもの。

最後に、KENZOから学生達へメッセージ…
「大学生は自分の夢を見つけるには最高の時間だと思う。出会う仲間や先生、勉強、バイト、生活環境での発見が多くある時期、その発見と自分の夢を照らし合わせていろいろ吟味することができる貴重な時間でもある。入ってくる情報を自分の夢と照らし合わせながら整理して進んでいき社会に出ていければいいかなと思う。
例えば、ファッションが好きならファッションをとことん追求したり、ダンスが好きならダンスをとことん追求したり、特にみんなはダンスが好きで集まって一緒に時間を過ごしていると思う、その生活環境のなかで、毎日の様に”あーかなこーかな”とダンスのことを考えている時間が幸せだし大切、その時間を今は大事にしたほうがいいと思う。”好きこそものの上手なり”とは言うけど自分が好きなものを大切にして、何か1つでも頑張ったものがあれば、社会人になった時に例えダンサーにならなかったとしても、すごくつながりがあったり、自分の信念を持て活動できる奴になると思う。だから今はとことんダンスと向き合って頑張っていって欲しい。」

IMG_4938

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)