Midem(ミデム) 2013「midemlab」最新レポート

By in Midem2013 on 2013/02/04

IMG_0348皆様、ボンジュール!

先週一週間のヨーロッパ出張から戻り、今週より国内業務に復帰した鈴木です。

少し遅くなりましたが、2013年1月26日~1月29日までフランス・カンヌにて開催されたMidem(ミデム)のレポートをお届けいたします。

 

Midemとは、世界最大規模の音楽見本市です。参加者は、レコード会社、音楽出版社、アーティスト、音楽系テック企業、小売りチェーン、マーケティング企業、音楽ジャーナリスト、VC等、世界75ヶ国以上から3,000社を超える様々な企業が集まります。

 

日本からも大手音楽レーベルはもちろん、音楽出版社、アーティストマネジメント会社等が参加。

また、音楽関連のテック系企業、スタートアップ企業も参加していますが、日本からの参加数はそう多くはありませんでした(元々そんなに国内に多く無いか…)。

 

多くの企業の目的は、音楽権利の買い付けや企業同士のアライアンスです。それ以外では、企業×音楽に関するマーケティングプロモーションのケーススタディセッションや、アーティスト・マネージャーとテック系サービスの経営陣が登壇するパネルディスカッション、スタートアップ企業のピッチコンテスト等が110以上開催されます。

 

今回の getstage blog では、「Midemlab (音楽テック系スタートアップ企業のピッチコンテスト)」の入賞サービスと幾つかの気になったサービスを紹介していきたいと思います。

 

※次回のブログでは、国内でも最近注目されてきた「音楽×企業(ブランド)マーケティング」に関連した最新事例とコンペティションについて掲載予定です。

 

写真333

 

「Midemlab – The Hottest Startups」とは、

世界からの書類予選を通過した音楽テック系スタートアップ企業30社が5分間のピッチで競い合うコンペティションです。

3つのカテゴリーにわかれており、

 

①Music Discovery ,Recommendation & Creation(音楽発見、制作)部門

 

②Marketing & Social Engagement(マーケティング、ソーシャル)部門

 

③Direct-to Consumer Sales & Content Monetisation(D2F、マネタイズ)部門

 

以上の部門で競われます。

 

 mide写真2

(このような雰囲気のなか1社5分でプレゼンしていきます)

 

それぞれの部門で優勝したサービスと気になったサービスを紹介していきます。

 

①Music Discovery, Recommendation & Creation 部門

 

Winner : Songful  (イスラエル)

158022_372793639441679_1574156542_n

誰でも簡単にiPadでギターを弾くことができるAPPです。

ポイントは、iPadで簡単にギター演奏が出来る事と約200,000曲のライセンスを取得しており有名な曲が沢山あること。

パーティーや友人の前で披露したらあなたもヒーローになれる!っと。

更にその音質も素晴らしいです。会場で披露した際にはギターを持っているのか?と思う程の音質でした。

これなら自分の好きなアーティストになりきって思いっきりギターを弾く事ができますね。

どう簡単かは実際にDLして触っていただくか、こちらの紹介動画を見て頂くと一目瞭然です。

 

 

 

②Marketing & social engagement 部門

 

Winner:jamplify (米国)

553846_204098376383107_979262521_n

アーティストがプロモーションしたいWebサイト (公式HP、facebookページ、チケットページ、youtube等) を選び、そのリンクをファンに宣伝してもらい、ある設定した期間内に多くのファンを誘導したファンTOP3が報酬として何らかのプレゼント(ライブチケットや音楽無料DL等)をアーティストから受け取ることが出来るというサービスです。

誘導先のWebサイトをクラウドファンディングやFacebookページ、getstageのBUZZ STAGEにしたら相性は抜群に良さそうですね。

ただ、このようサービスが増えると、そのサービスを広げる為のサービス…っと無限の連鎖が起きそうな気がするのは私だけでしょうか。。。

このサービスはアーティストもファンも最終的には実際の金銭のやり取りが発生していない所がアーティスティックで好感をもてました。

 

そして、このカテゴリには日本より beatrobo が参戦!!

 

aseda

CEO浅枝代表による堂々たるプレゼンに、審査員以上にオーディエンスの注目が高かったように感じます。

入賞は果たせなかったものの、会場ではVCやプレスの方々に結構声を掛けられていました。

また、私個人として beatrobo のマネタイズ方針※を初めて聞くこともでき良い機会でした。

 

※音楽リストをリアルビートロボ(ガジャット)に記憶させそれを売るというマネタイズ。音楽を売るのではなく、リストを売るという発想です。実際には楽曲がガジェット内に入っているわけではなく、リストデータが入っており音楽を聞く際にはクラウドから呼び出し再生する方法だそうです ( 間違えていたらごめんなさい! )。

 

 

③Direct to consumer sales & content monetisation 部門

 

Winner:STAGEIT(米国)

561px-StageIt_logo-color_w_black_back

Webカメラを使ってアーティスト自らWebライブを主催できるサービスで、ファンはWebライブのチケット購入とライブ中にチップを払う事ができるシステムになっています。

日本で言う、ニコ動とUstreamチップをあわせた様なサービスですね。

Webライブの善し悪しは別として、ライブカレンダーがページTOPにありWebライブのプラットフォームとして存在する価値と、チケット販売、チップシステムを簡単に使えるように提供している部分はとても良いと思いました。

ライブページを作るのも非常に簡単なので、日本のアーティストが海外向けに気軽にWebコンサートライブを開催してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

■フランス大臣 特別賞

 

Audience.fm(フランス)

スクリーンショット 2013-02-04 2.33.53

アーティストのファン個人のエンゲージメントデータ(ソーシャルメディアや音楽ストリーミングサービス等の愛着心)を解析し、TOPファンを抽出できるサービスです。

更にそのファン個人に対して報酬やダイレクトコミュニケーションをとる事ができるシステムになっています。

NextBigSoundmusicmetric、Gアナリティクスデータから取得できる様な全体的なデータではなく、個人を特定できる所がポイントですね。

このサービスはアーティストのみならず、企業のブランドとしても今後の活用が見込めると思います。

まだサービスはローンチしていない様ですが、これが実現するとコアファンは喜び、更にアーティストを応援する様になること間違いなしです。

フランス大臣(何大臣だったかなぁ…)いいとこ見てる!と思いました。

 

 

■その他、個人的に気になったサービス

 

Sponsr (米国)/Marketing and social engagement 部門

392331_399208003474309_848931469_n

こちらはイベントとスポンサーをマッチングするというサービス。ぶっちゃけ私達が使いたいぐらいです。

イベントにスポンサーや協賛を探している主催者・プロモーターは多いはず。

特にインディペンデントアーティストのイベントやニッチなファンが集まるイベントではファン層が明確になっている一方、スポンサー・協賛獲得に苦労しているイベントが多数存在すると思います。

スポンサーになる企業をどの様に集めてどういった条件・方法でマッチングさせるかが難しそうですが、あったらいいなーと思えるサービスでした。

 

MyTourManager (フランス)

スクリーンショット 2013-02-04 2.41.51

アーティストとステージ、ファンのマッチングサービスです。

どこかで聞いた事あるサービス内容ですが…一応チェック。

アーティスとステージの登録数や今後の展開を聞いていても負ける気はしませんでしたが(笑)、マネタイズのポイントをファン中心に考えていた部分に関しては共感できました。

getstage としては競合するよりも、お互いに gig や アーティスト の共有をできれば面白くなるかなぁと思った次第です。

 

以上、サービスの紹介と簡単な感想ですが、どのサービスもアイデアや発想は面白いものばかりでした。

次回は、音楽×ブランド マーケティング ケーススタディセッションについて掲載予定です。

 

ご意見・ご感想はメール ( r.suzuki@gnadh.jp )、または facebook までご連絡ください。

〜 全てのアーティストに活躍の場を getstage for artists 〜

One thought on “Midem(ミデム) 2013「midemlab」最新レポート

  1. Pingback: MIDEM2013レポート後編〜参加メリットはあるのか?〜 | SPREAD REAL MUSIC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)